生活の改善を考える日記」カテゴリーアーカイブ

よりよく生活をするためにどうすべきか考える日記です。

1年だけ若返るという映画

時間がるときに時々スマホで映画を見ます。タイトルとか、ただ単に写真のイメージだけで何となく選びます。あえて、レンタルしてまで見ようとも思わないような映画です。今回みた映画は、面接に何度いってもおとされ、就職もできずに、毎日を過ごし、それでいて、周りには就職しているように見栄をはる30歳間じかの男性の話。今の生活に限界を感じているあるとき、見知らぬ若い男性に声をかけられます。実験の被験者になってくださいと。その実験とは、1年間だけ高校生をやり直すこと。しかも、住まいも生活費もすべて面倒をみてくれて、1年後には就職先も斡旋してくれる。記憶はそのままで、体だけ若返るという一粒のくすりを渡されます。主人公は、酒によって薬を飲んでしまいます。1年後には周りの人は主人公の記憶が消えてしまうという、なんとも無理のある設定ですが・・・。さて、主人公はいきなり体だけ若返り、高校生活を送る事になり、初めは戸惑いもあり、それでも、よい仲間にめぐり合え、いわば、青春の一時を過ごします。はじめは何となく1年が過ぎ去れば、と考えていた主人公もやがて、何かを残したいという意識に変わっていき、恋に落ちた後、1年が経過してもとの社会人に戻ってしまいます。社会人に戻った主人公は、やりたいことを見つけて、勉強をして自らの力で就職し就職先で、素敵な人と出会ってハッピーエンドとなります。主人公は1年だけという限定された時間を与えられて、1年後は誰からも忘れ去られてしまう運命です。いってみれば、何をしても忘れ去られてしまうわけですから、無難に何もせずに生きる事も選択肢にはあったはずですが、逆に1年だけであるから、一所懸命何かをしようと考えた事が、1年後の生き方をよい方向に向かわせた訳です。
さて、今の知識をもったまま、もう一度高校生活をやり直せたら?高校といわず、昔の戻ってやり直すとしたら、いったいどんな事を考えて、生活するだろうか。と考えてみました。もっといろいろな事を一生懸命やるだろう。例えば、高校のときは帰宅部だったけど、何か部活をしていれば、もっと違っただろうし、人付き合いが苦手だったから避けてきたけど、それも違ってきただろう。そのときにもっともっと一生懸命であれば、今は何か変わっていたのかも知れない・・。主人公の口癖「時間は大切にしないと。」・・だらだら過ごした若かった自分に言い聞かせてみたいものです・・・。あれ?!何かひっかかる・・。今はどうだろうか・・・。もし、10年後の自分が、今の自分をみていたとしたら、「時間をもっと大切にしろ。」なんて言われるんじゃないだろうか・・。昔の事は客観的にああすればよかった、こうすればよかった、今だったらこうするのになぁ、なんて思う事ができるけど、今現在となると、なかなか考えと行動が伴わないなぁ・・・。日々の生活、一生懸命をもっと意識しないといけないです。

視力を直したいならまず考え方を直さないといけない

メガネをかけて0.7だった視力が0.4まで悪くなり、その後、視力回復の努力をして0.8まで回復しました。半年くらいの間の出来事です。小学校、中学、高校、その時々も視力回復は試していましたが、良くなることなど一度もありませんでした。社会人になって歳をとったのですからなおさら視力が直るなどとは正直期待はしていませんでした。いったい何が違ったのでしょう。考えてみました。
1.危機感
急激に視力が悪くなったことの危機感がありました。メガネは買い直しをしなければならないのはお金がかかるし、買い換えたとしても、もっと悪くなる可能性もある。そうなれば、またメガネを買い直ししなければならない。今でさえ、そこそこレンズが分厚いのに、さらに厚くなるしお金もかかる。これではたまりません。小学校のときは少しずつ視力がわるくなっていたし、メガネをかければ見えるから、という安心感がありましたが、今や、もう後が無い・・。という感情が、なんとかしなければ、というやる気につながった訳です。
2.目的意識
小学校のときは、「目の体操カード」が配られて、毎日目の体操をすると判子がもらえます。半分は面倒くさいと思いながらも、判子がほしいので毎日続けます。目的は判子ですので、そんなにしっかりやることは意識していません。「目の体操カード」が終われば、やっぱり続きませんでした。高校のときに通信販売でかった視力回復の機械、これは双眼鏡のような形で、覗くと上下左右ランプが点滅して、それを目でおっかけて目の運動をする機械なのですが、これも長くは続きませんでした。毎日覗くことの努力はしましたが、一生懸命が足りませんでした。一ヶ月くらい使って、一向に視力がよくなった感じが無く、覗くことさえ面倒になりやめてしまいました。今回は違います。それは、危機感があり、目的は、判子でもなく、視力回復機械を覗くことでもなく、視力を直す、もしくは悪化を防ぐ事なのです。
3.自分にあった無理の無い方法を探す
やり方は人それぞれ好みもあれば好き嫌いもあるでしょうが、私の場合はスマホをつかうことにしました。大抵は身近においてあるので、一番使いやすい道具です。フリーソフトで、目の体操ソフト、これはマークが移動してそれを目で追いかるソフトです。次に立体視ソフト、これは、ごちゃごちゃの画像が表示されるのですが、視点をずらしてみると立体の画像に見えてくるソフトです。両方やっても5分くらいで終わります。朝起きた後、寝る前に行うことにしました。仕事中や電車の中ではやりにくいし、布団の中ならたった5分、まったく無理がないと思ったからです。
4.とにかく続ける
これがもっとも難しい事です。小学校、高校と本気で回復努力をしていれば、結果は違ったに違いありません。どうして続かないのか・・・。それは、視力回復の努力をすれば、視力が回復して当たり前だと思っていたことが一つの原因です。だから、視力が回復しないと、やる気が無くなってしまいます。もう一つは危機感の無さです。もしこのまま視力が悪くなってしまったらどうなるのだろうか・・、その最悪のイメージがリアルに想像できていなかったと思います。面倒だな、と思ったときに、これをやめたら悪くなるばかりだ。と考え直します。ぜんぜん効果が無いし、やっても無駄じゃないかな、と思ったとき、もう少し続ければ効果がでてくるかもしれない。と考え直します。
5.そして習慣化する
同じ事を20日間続ける事ができれば、習慣化できる。という話しを聞いたことがあります。習慣化とは、あまり意識しないでも行える事です。歯を磨いたり、顔を洗ったり。習慣化できれば、ストレス無く、自然に物事ができるようになります。これにはまず「とにかく続ける」事ができれば自然にできるようになります。
視力回復、正直半分は諦めていましたが、実際に目がよくなってくるとうれしいものです。少しやる気がでます。しかし、私の良くないところは直ぐに満足してしまうところ・・・。これでいいやっと思ってしまうと、せっかくの習慣も「やらない」習慣に変わりかねませんから、「悪くなったら」という危機感と「もっと良くなるかも」という期待感を忘れずにいたいと思います。

努力しても視力は回復しない!?

と思っていました。世の中に視力が良くなる本や、グッズにテレビ。色々なメディアで視力の回復が取り上げられています。「うそ」ではないのでしょうが、実際に回復するのは、特別な人、もしくは、たまたまよくなった人くらいなのでしょ。などと思っていました。さて、私が視力がわくるなってきたのは、もう昔の事。小学生5年生ころからでしょうか。それまでは、視力検査は毎年きまったように1.5。それ以上でもなく、以下でもなく、きまって1.5でしたから、それが少しずつわるくなってきたわけで。視力が1.0より悪くなると、「目の体操カード」が配られました。毎日目の運動をして、おこなったら判子をおしてもらいます。りょうての人差し指を立てて、目の前から左右、上下にうごかして目で追っかける。これで目を鍛えるというやり方です。もちろん、判子をもらうために、欠かさず行いましたが、それでも悪くなるばかりです。中学になっても視力は段々悪くなり、これではいけないと、通信販売で視力回復装置なるものを買いました。双眼鏡の形をしていて、覗くと双眼鏡とは逆に近くのものが遠くに見えます。スイッチを入れると、シャッターが閉じて真っ暗になり、赤いランプが上下左右に光ります。それを目で追っかけて、またしばらくするとシャッターが開き、今度は遠くを見るのです。小学校のときにやった「目の体操カード」の機械版といったところでしょうか。「これを毎日やるだけで、驚きの効果!」と雑誌には書いてあったのですが・・・。結局は良くならず、ピンホールメガネも試しましたが、最後に試そうと思ったのは視力回復センター。ここでは、目に超音波をあてて、その後に、顔全体を覆うマスクをかぶって空気圧で圧縮したりして顔全体のマッサージをします。体験で一度だけいったのですが、その直後、一時的でしたが確かに良く見える気がしました。しかし、会費が高いうえに、通わなければなりません。残念ながら諦めました。メガネは必需品です。それでも不思議な事に高校から社会人になっても視力は安定してメガネをかけて0.7。車はぎりぎり運転できるくらいです。まあ、不便はありません。ところが、半年くらい前のある日、何か見えにくいと感じました。いや、ただの疲れ目だろう。少したてばまた直るに違いない。そう思ってはじめは気にしていませんでしたが、それから1ヶ月もしないうちに、どんどん見えにくくなってきました。これは、目の病気に違いない。そう思い、眼科へ。「ドライアイですね。老眼もきてるね。」・・・老眼・・・地味にショックだ。まだそんな年でもないと思っていたのに・・。ドライアイの目薬をもらっても良くなるどころか、やはり悪くなる一方。やっぱり目の病気ではないかと、別の眼科へ。そのときはメガネでも視力は0.4。メガネを新しくしなくてはいけない。いや、新しくしたところで、この調子で悪くなったら・・・。思い当たる節はある。スマホでよく映画を見ていた時期があったから、それがきっかけになったに違いない。でもそれはもうやっていないし・・。いろいろ考えましたが、また視力回復やってみようと思いました。いつでも簡単にできるようにスマホのアプリを使って。これにはかなり抵抗がありました。そもそも、スマホで目が悪くなったのですから、スマホなんかつかったら更に悪くなる気がしたからです。でも、一番身近で簡単に使えるのがスマホです。どうせ悪くなるばかりの視力、悪くなってもいいからとりあえずやってみよう。それから3ヶ月、時々、良く見えるようになったような、と思う事が多くなってきました。だんだんその頻度が多くなり、その後の健康診断で0.8。まさか、以前よりよくなっていたとは驚きです。スマホでよい視力回復ソフトが見つけれた事、3ヶ月続けれた事がよかったようです。次の問題は、これで満足せずに、続ける事ができるか・・。ですね。