幸せを考える日記」カテゴリーアーカイブ

幸せになるためにどうすべきだろうかと考える日記です。

井の中の蛙の幸せ

入社して2年で退社した同期の旧友と久しぶり会う機会がありました。ここのところ、お互い都合が合わず、5年ぶりです。居酒屋で待ち合わせをして、久しぶりに再会だったのですが、ひげをはやして、髪の毛は伸ばし放題、色黒になって、体はごっつくなり、その風貌はまるで冒険家、少し間違えたら浮浪者。話しを聞けば、休みが多くて残業が無い仕事を探して何度か転職をして、身だしなみもあまり気にしなくて良い、自由な会社に就職したとのこと。やりたい仕事や、やりがいの有る仕事を探したのでは無く、休みが多い会社を探した・・。それだけ聞くと、仕事に対してやる気が無い、怠け者なのでしょう。と思うかもしれませんが、彼らしい幸せの見つけ方だったのは、彼の楽しそうな笑顔が物語っています。さて、幸せな生き方ってどんなイメージ?そんな内容の会話になりました。私はそう、やっぱり愛だね。好きな人と一緒になって子供と一緒に生活して、それで、お金を稼いで、愛の有る家族とすごす事かな。彼は言います。それができることはすごい事だね。でも、もったいない。世界は広いのに、井の中の蛙だね。そして楽しそうに海外の写真を見せてくれます。彼はお金をためると、一人でふらっと海外へ旅行をするのが趣味、いえ、生きがいのようなものかもしれません。なので、給料は安くても自由がきく仕事を探していたんです。彼が2年で退社したのも、忙しすぎて、生活を犠牲にしてまで仕事をする事が納得できなかったに過ぎません。海外に友人ができるにつれ、日本人の仕事のしすぎにますます疑問をもったといいます。中東はなぜ戦争が多いのか、そんな思いから今度は中東に旅にでる計画を立てているそうで、言葉なんて分からなくても何とかなると、それ自体も楽しんでいる、そんな彼が少しうらやましく思えました。いえ、私がうらやましく思ったのは、自由な会社でもなく、海外に行く事でもなく、彼は明確に幸せの見つけ方を知っていて、自分の力でそれを得ている事なのです。私は愛などと目に見えない不確実な、また、自分の力だけではなんともならない他力本願的な物を幸せとしようとしているのですから。しかし、楽しい人といると楽しい。だから、今日は楽しかった。
「井の中の蛙大海を知らずされど天の高さを知る。」

潜在意識を信頼する

潜在意識は、辞書には「自覚されることなく,行動や考え方に影響を与える意識。心の奥深い層にひそんだ意識。」と説明されています。自覚されない程度の意識なんて対して事がないではないか、と思われるかもしれません。自覚できる意識は顕在意識といいますが、顕在意識は1割、残りの潜在意識は9割といわれています。顕在意識は、潜在意識に支配されいていると言っても過言ではありません。今日は気分が落ち込んでいる、なんか朝から落ち着かない、心がもやもやする・・。潜在意識が何かを感じているのが、顕在意識として現れているのです。潜在意識をコントロールできれば、自分の感情、気持ち、行動が自由にコントロールできるかもしれません。ところがこの潜在意識がどのようなものか、まったく分かりません。所詮、顕在意識は1割、潜在意識は9割の「自覚できない」意識なのですから。
さて、話は変わって、テレビでよく見かける催眠術というのがあります。催眠術者が、出演者に「動けなくなれ」といえば、動かなくなり、「鳥になれ」といえば、鳥のまねをします。私は催眠術にかけられた事がないので、いったいどの程度本当なのか、半信半疑ですが、この催眠術こそが、潜在意識をコントロールする技であり、潜在意識の力なのです。
ならば、潜在意識は自由にコントロールできるのでは、と思うのですが、実際にテレビと同じ事をしても催眠術をかけれませんし、かかりません。やはり、潜在意識とは良く分からないものなのです。でも、あきらめる必要はありません。たとえ自由にコントロールはできなくても、顕在意識から潜在意識にいい影響を与えることができれば、顕在意識にもいい反応が現れるからです。顕在意識から潜在意識にいい影響を与える方法は、ただ、潜在意識に言葉を「まるなげ」するだけです。潜在意識は理解することが難しいです。理屈は考えずとにかく潜在意識を信頼することです。寂しい寂しいといっていると、どんどん寂しくなります。潜在意識が寂しいを聞いているからです。ならば、うそでも楽しいといってみます。はじめは言葉だけですが、寂しいといい続けているときよりも、気分は必ずよくなります。いわゆる自己催眠です。
私は通勤電車の中でリラックスした状態を作り、何度も「楽しい」と心の中でつぶやきます。ただ、それだけですが、一日の気分が変わります。心の中でもマイナスな言葉はなるべく使わないように、プラスの言葉を言うように気をつけています。やがて潜在意識がよい影響を顕在意識に返してくれることを信頼して。

今悩むべきか考える

悩みの8割は悩む必要が無い悩みである。何かの記事でみたことがあるのですが、そのときは、良く分からない事が書いてあるな、と特に気にはしませんでした。悩みがあるから悩むのにそのほとんどが悩む必要が無いというのですから。
ある朝、いつものように会社に行くために駅まで向かうと、電車が遅れている案内が出ていました。これは困りました。朝から会議があるのにこれでは間に合いません。遅れてきた電車に急いで乗りますが、まったく落ち着きません。いつもなら、ゆっくりスマホのニュースをみているのですが、時間ばかり気になります。スマホでニュースなど見る気にもなれません。とにかく時間が気になるんです。そのときにふと、思い出したのが、「悩む必要の無い悩み」です。さて、私がどれだけ時間を気にしようが、あせろうが、電車がはやく到着するわけでもありませんし、私が何か努力をしても、速く走るわけでもありません。今、あせっているこの気持ちは何か意味のある事なのだろうか・・。誰のために、何のためにあせっているのだろうか・・。何をしても電車がおくれているのは変える事ができない事実。まさに今が、「悩む必要の無い悩み」なのだろうと気がつきました。変える事ができない現実をあせったとことで意味がありません。会議が始まるまでに到着しなければいけないという気持ちもあせりの原因です。自分の目標が「会議の始まる前」なので、あせりがあることに気がつきました。
ここで、もう一度自分に言い聞かせます。電車が遅れる事は変えられない事実なので、会議に間に合わないのは仕方が無い事であきらめる。目標は、会議が始まった20分後に到着することにする。
「あきらめる」事と、「実現可能な目標にする」事を自分の中でかってに決めてみました。たったこれだけなのですが、気持ちが少し落ち着きます。そうすると、いつもの通り、スマホのニュースを見る気持ちの余裕がでてきました。ゆっくりスマホのニュースみても、到着時間に変わりはないのですから。
普段でも、あせりや悩み、迷いや、後悔、いろいろな気持ちをもって生活しています。時々そんな気持ちで、押しつぶされそうになったり、動けなくなったり・・。そんなときに、もう一度考え直してみると良いかも知れません。本当に、「今」それを悩む必要があるのか、「今」後悔する必要があるのか。そう考えていくと、「今」心の荷物が少し減って楽になります。
会議ですか?結局、私より遅れてくる人が多数おり、開始時間がずれて、急ぐ必要すらありませんでした・・。