普通の日記」カテゴリーアーカイブ

普段の生活で感じた普通の日記です。

賢いお笑い芸人

ドッキリ番組で、あるお笑い芸人に、「突然、知らない人から弟子にしてくださいといわれたらどうするか」というのをみました。知らない人ですから、当然困惑して断るでだろうと思われたのですが、その芸人は、なんとそのまま、いいですよと受け入れてしまいます。スタッフも想定していなかったようで、そのまま隠し撮りで企画が継続されることになります。「知らない人」も、お笑い芸人を目指していたので、「ねた」のアドバイスなどをするのですが、とても真剣に答えます。あるときは、ネタの漫才の動画が送られてきたのですが、仕事の合間に、何度も見直し、文字にして、アドバイスを書き添えてメールで返信するのです。これをみた、番組のコメンテーターもみんながすごいと関心します。でも、当の本人は、いえいえ、お笑いが好きなだけですから、と本音なのか、謙遜なのか、まったくのおごりもありません。この企画、1年も続き、いよいよ終わりとなったのですが、「知らない人」もすっかり、本当の師弟関係でいたいとなりました。お笑い芸人なので、普段はふざけているような事ばかりいっていますが、「ねた」をなんども確認する真剣な姿、簡単に弟子にしたからいい加減かとおもいきや、いつも本気で考えている姿にものすごいギャップを感じました。
この芸人がすごいと思ったことは、まず、人が見ていない楽屋で、打ち合わせの合間、合間に、真剣に他人の「ねた」を何度もチェックしていたことです。たいていは、人がいる前でいい格好をしたがるものです。だれも見ていなければ、多少はさぼりたがるし、ましてや、お金にもならない他人の「ねた」の確認ですから、なにもメリットは無いはずです。なのに休まずに、チェックをするのです。この人はきっと、何に対しても本気でやれるひとなのだろうと思いました。物事を損得だけで考える人にはできないまねです。そして、ふっとこんな事を思いました。この芸人はいつも、能力をフルで活用していて、それが普通になっているんだろうと。多くの人は、勉強や、仕事の必要な時間だけです。なぜなら、それが、楽なのですから。でも、損得を考えずに、何にでも一生懸命やれたとしたら、もっと得られるものがあるのかもしれないと。
もう一つすごいところは、「知らない人」との付き合いも、けっして上から目線で会話しなかったことです。どう考えても、売れっ子の芸人と、まだ事務所にも入る事ができない、ほとんど素人同然の弟子です。もっと、いばってもよいものなのですが、まったくそんなことはありません。だれでも、できない人をみると、下にみたりするものです。
ただのドッキリ番組と思って見たのですが、なんだか学ぶべきことが色々あった気がします。

未来が過去に影響を及ぼす逆因果?

未来が過去に影響を及ぼす?そんな記事をみました。先も分からない未来が、今に影響している。それどころか、今が、過去に影響しているというのですからもうわけがわかりません。オカルトか、SFのお話かと思ったのですがそうでもなく、科学的なお話しです。自分でもよくわからない行動をしたり、選択したり、未来の自分に導かれているのかもだなんて・・。そもそもすべての物は細かく細かく分解していくと最後には量子という小さな物質?になるのですが、その量子がなぞだらけ。“量子もつれ”という状態にある2つの量子は、たとえ物理的にどんなに遠く引き離したとしても同じの振る舞いを見せる事が実験でわかっているそうで、これが物理的な場所だけではなく、時間も越えて同じ振る舞いをするのではないか、ということらしいのです。これが逆因果というのですが、まだ確認されていることではありません。未来のために、今をがんばる。未来はまだ決まっていないから、変えることができる。でも過去は変えることができない。これは分かりやすいし、当たり前のことなのですが、逆因果が本当であった場合、どう考えればいいのか、ちょっと考えてみました。例えば、過去に起きた嫌な事や、間違った事が、未来に原因であったとするならば、今の物事の考えや、行いが過去の悪い事につながっているということで、過去を良くしたいのであれば、今を良くすればいいけど、過去は変わらないのであまり意味はない。では、今を良くしたいのであれば、未来の自分を変えてもらうしかないわけなので、未来の自分を変えるにはどうすればよいかを考える必要があり、未来の自分を変えるには、今の自分を変えることを考える必要がでてきて、今をがんばることが大切・・。という事なんでしょうか。ん??今を良くするためには、未来をよくする必要があって、今がんばらなくてはいけない・・・。結局、逆因果があろうが、なかろうが、今がんばることが大切で、やることはなにも変わらないんですね。きっと。

思えば成れる、引き寄せの法則?

最近「引き寄せの法則」というのをネットで目にします。何のことだろうとちょっと調べてみると、心に思えば、その通りになる。というような内容でした。しかし、そんなことは有り得ない。もし本当なら、今頃は大金持ちになってるはずですから。でも、話題になっているということは、大嘘でもなさそうです。もう少し調べてみました。
・「思考」や「感情」にはつねに「引き寄せの法則」が働いて似たものが引き寄せられる。
・欲しい結果は、向こうからやってくるのではなく、意識的・意図的に引きつける事ができる。
・思考や感情は波動となってあらゆるものに共鳴し近づいてくる。
ならば、強くお金持ちになりたいと思えば、お金持ちに・・なりません。説明によりば、お金持ちになりたい=現状に満足していない→満足していない状態を引き寄せてしまう・・ということだそうです。つまり、あれもほしい、これもほしいとおもっていると、ずっと満足できない状態になってしまう。ということ。これは難しい。なぜなら、行動するには目標が必要で、目標はそもそも願望でもあるし、現状より良くなりたいという思いがセットになっていると思うからです。じゃあ、引き寄せの法則っていったいなんだろう。も少し調べてみました。
・願望 + 行動 =引き寄せの法則で実現できる。
・感謝、思いやりの気持ちを持つと、それがそのまま共鳴して自分に還ってくる。
話が分かりやすくなってきました。要するに、良い心持ちで、目標をもって努力するといことで思った通りになる。ということです。「目標があるなら努力せよ、ならば叶う。」当たり前の言葉になってしまいました。しかし、引き寄せの法則は、原理が違うようです。さて、話は変わって、量子の世界。この世の中の物質は、すべて量子という小さな物質から構成されてますが、量子力学において粒子は様々な状態が「重なりあった状態」で存在しうることが分かっています。『重なり合った状態』というのは、複数の状態を同時に持っていることを指す特殊な表現です。この「重なりあった状態」は観測機器によって粒子を観測することで、いずれかの状態に収束するとあります。よく分からない話ですが、こんな解釈をしてみました。この世の中の全ては素粒子でできていて、全て重なり合った状態、つまり、未来にはありとあらゆることが起きている状態で、観測=思考によって、そのいずれか状態が確定する。ということです。
理屈はどうであれ、やっぱり引き寄せの法則って、未来は決まっていないから、努力すればいい感じになってくよ。ってことなのかな・・。