普通の日記」カテゴリーアーカイブ

普段の生活で感じた普通の日記です。

彼女は死をえらんだ

ドキュメンタリー番組でした。とある女性は、まだ若く、しかし、筋肉が衰えていく病いで直す方法は無く、だんだんと自分では何もできなくなっていく。やがて、何度が自殺を試みるが、筋肉の衰えで、自殺も未遂に終わる。彼女には姉たちがいて、面倒をみてもらっている。歩く事はできないが、ゆっくりではあるがしゃべる事も、食べる事も、パソコンを打つ事もできる。テレビでみるかぎり、しっかり生きている。でも彼女はしっかりした意思で死を選択する。筋肉はやがて衰え、何もできなくなり、姉たちにありがとうも言えなくなる。そうしてまで生きていたいと思わないのだと。寝たきりになり、何もできなくなる前に、やらなければいけないことがある。自殺ではない、みずから選ぶ死。日本では消極的安楽死、つまり、延命処置の中断は認められているが、安楽死は求められていない。後数ヶ月もたてば、海外に行く体力もなくなることを知って、彼女が姉たちと向かったのはスイスだった。スイスでは、医師のほう助による安楽死が認められている。当然、いくつかのチェックがあり、誰もが安楽死を認められるわけではない。インタビューから、姉たちの苦悩が見受けられる。死んでほしくは無いが、生きる事が苦痛であることをしっているがための苦悩だ。きれいな病院らしき部屋で点滴の準備をしてベットに横になる。点滴のスイッチを自分で入れると数分で死に至る。やがて、彼女は点滴のスイッチいれる。姉たちに、いままでありがとうねと、しっかりした、それでいてゆっくりとした口調で話した後、まるで眠るようにして寝てしまった。番組では、同時に同じ病気になった別に人にもフォーカスをあてていた。生きることを選択した人だ。もはや、自分では何もできない、呼吸すらもできないため、人工呼吸器をつけた状態で、意志の疎通は、まぶたを動かすだけ。家族に連れられ、車椅子で桜をみにいく、そして涙するところで番組は終わった。点滴のスイッチをいれるとき、やめたいという気持ちはなかったのだろうか。死の選択はうつ病の薬で無くす事ができなかったのか。桜をみて涙したのは、嬉しかったからだろうか、悲しかったからだろうか・・・。

5分前に過去は作られる

15年も会っていなかった知り合いと、飲みに行く機会がありました。昔話に花が咲くのですが、いかんせん、昔の話なので、記憶が曖昧です。話しを聞いていると、いままで一度も思い出したことが無い事も、ぼんやりと思い出したり。逆に、記憶とはまったく違う話が出たり、まったく覚えていなかったり・・。不思議な感覚になりました。はたして、過去とはなんなのだろうか。この人と、私の過去は本当に同じなのだろうか・・。以前、素粒子の世界で、未来が過去に影響を及ぼすという記事を思い出しました。今が未来に影響を及ぼすのは分かりやすい話です。未来が過去に影響を及ぼすとは・・・その記事を読んだときはまったく理解できませんでしたが、ひょっとすると、未来が作られるように、過去もつくられるということなのでは、と思いました。そこで、以前みかけたもう一つの記事です。世界五分前仮説です。これは、「世界は実は5分前に始まったのかもしれない」という仮説です。まったく理解できない話しですが、哲学における思考実験のひとつで、バートランド・ラッセルによって提唱されました。でも私たちには5分前の記憶があります。でもこの思考実験では、5分前に私たちが過去の記憶を持ったまま、世界が作られたとしたならば。という前提があります。もしそうだった場合、それを否定する事ができません。いかんせん、生きたきた証は記憶しかないのですから、周りの物と、記憶がセットで作成されたのならば、何が本当なのか調べる基準もなくなってしまいます。世界五分前仮説は究極のお話ですが、過去を証明することは不可能な事なのかもしれません。過去は変わらない・・。それは当たり前の事だと思っていますが、ひょっとすると、未来がたくさん枝分かれしているように、過去もたくさん枝分かれしていて、今この瞬間、過去も変わっているかもしれません。本当はもっと大変な過去があったかもしれませんし、もっと素敵な過去があったのかもしれません。今、この瞬間に過去が変わっているかも・・・。もちろん、それは誰も証明できないことですが・・。今、いいことを考えて、いい行いをすれば、過去も未来も良くなる。そう思いたいものです。

賢いお笑い芸人

ドッキリ番組で、あるお笑い芸人に、「突然、知らない人から弟子にしてくださいといわれたらどうするか」というのをみました。知らない人ですから、当然困惑して断るでだろうと思われたのですが、その芸人は、なんとそのまま、いいですよと受け入れてしまいます。スタッフも想定していなかったようで、そのまま隠し撮りで企画が継続されることになります。「知らない人」も、お笑い芸人を目指していたので、「ねた」のアドバイスなどをするのですが、とても真剣に答えます。あるときは、ネタの漫才の動画が送られてきたのですが、仕事の合間に、何度も見直し、文字にして、アドバイスを書き添えてメールで返信するのです。これをみた、番組のコメンテーターもみんながすごいと関心します。でも、当の本人は、いえいえ、お笑いが好きなだけですから、と本音なのか、謙遜なのか、まったくのおごりもありません。この企画、1年も続き、いよいよ終わりとなったのですが、「知らない人」もすっかり、本当の師弟関係でいたいとなりました。お笑い芸人なので、普段はふざけているような事ばかりいっていますが、「ねた」をなんども確認する真剣な姿、簡単に弟子にしたからいい加減かとおもいきや、いつも本気で考えている姿にものすごいギャップを感じました。
この芸人がすごいと思ったことは、まず、人が見ていない楽屋で、打ち合わせの合間、合間に、真剣に他人の「ねた」を何度もチェックしていたことです。たいていは、人がいる前でいい格好をしたがるものです。だれも見ていなければ、多少はさぼりたがるし、ましてや、お金にもならない他人の「ねた」の確認ですから、なにもメリットは無いはずです。なのに休まずに、チェックをするのです。この人はきっと、何に対しても本気でやれるひとなのだろうと思いました。物事を損得だけで考える人にはできないまねです。そして、ふっとこんな事を思いました。この芸人はいつも、能力をフルで活用していて、それが普通になっているんだろうと。多くの人は、勉強や、仕事の必要な時間だけです。なぜなら、それが、楽なのですから。でも、損得を考えずに、何にでも一生懸命やれたとしたら、もっと得られるものがあるのかもしれないと。
もう一つすごいところは、「知らない人」との付き合いも、けっして上から目線で会話しなかったことです。どう考えても、売れっ子の芸人と、まだ事務所にも入る事ができない、ほとんど素人同然の弟子です。もっと、いばってもよいものなのですが、まったくそんなことはありません。だれでも、できない人をみると、下にみたりするものです。
ただのドッキリ番組と思って見たのですが、なんだか学ぶべきことが色々あった気がします。