普通の日記」カテゴリーアーカイブ

普段の生活で感じた普通の日記です。

賽銭箱に1000円を入れてみた

賽銭箱に1000円を入れたのはその時が初めてでした。いつもは入れても10円です。お賽銭をたくさん入れたところで何かいいことがあるとも思わないし、入れた分だけ何か出てくるわけでもありません。お賽銭など、もったいない使い方だと思っていました。ただ、そのときだけは違いました。たまたま見つけた神社の名前が、私の名前の一部が入っていたのです。それを見たときに、これは偶然ではないと感じました。いえ、きっと勝手にそう思いたくなっただけかもしれません。人は困り果てると何かにすがりたくなるものです。そのとき、私はそれにすがろうとしたのだと思います。1000円を取り出して賽銭箱に入れて願をかけました。父が死なないように。もし死んだら、もう一生賽銭箱にはお金を入れない。神も仏も信用しないと・・。そして、その反面、父が死なないことは本当に良いことなのだろうかと心の片隅で思いながら・・。父が脳梗塞で倒れて何年もたっていました。片側不随で介護なしでは動くこともできません。時々誤嚥性肺炎で熱をだしては、施設と病院の繰り返しです。週に1回喫茶店へ連れていくのも糖尿病のせいで禁止になってしまいました。やがて熱が続き、食べることもままならず、どんどん痩せていきます。いろいろな薬も試しても効き目がありません。あるとき病院にいくと主治医に呼ばれました。余命半年、診断結果は肺癌です。ターミナルケアを進められました。ターミナルケアは、病気で余命わずかの人を対象に残り時間を満足して最期を迎えられるようにすることが目的としたケアです。つまり治療はあきらめたほうがいいということでした。でもこのとき、どうしても納得がいきませんでした。がん細胞は直接発見することができておらず、肺内部での出血がみられることからの肺癌の診断だったからです。私は素人なので肺癌がどんな症状なのかわかりません。だからこそ、肺の出血と発熱だけでもう治らないと診断されたのが納得できませんでした。熱さえ下げることできればまだ助かると思ったのです。それから、服用している薬をしらべると、2つほど副作用で発熱する記載を見つけました。主治医に薬が原因なのではと相談しましたが、今までその薬で発熱した例はなく、可能性はないと否定的でした。もしその薬をやめれば、脳梗塞になる可能性が高くなるがそれでもやめるのか決めてくださいと言われました。それは、脳梗塞になってもあなたの責任ですと言っているように聞こえました。今のままでも半年ならば、何かするべきと考えて薬はやめてもらいました。このまま半年やせ細って死んでいくのか、脳梗塞を起こして苦しむのか、熱がさがってくれるのか。ただ、やはり死んでほしくはない。それだけでした。賽銭箱の1000円、何かが通じたのか、ただやはり先生の誤診なのか。理由は何であれ、その後熱は下がることになる。

両親のことは何も知らない・・

まだ両親が元気の時の話です。月に1回は実家に帰っていて、そのある日のことです。2階で寝ているとまだ朝早い時間に1階から母が騒いでいる声が聞こえました。普段おとなしい母が大騒ぎをしているのです。驚いて何事かと慌てて1階におりていくと、母が父に対して、家を出ていけとか、馬鹿野郎とか言いながら父を蹴ったり叩いたり。とにかく止めなければと、間にはいったはいいが、今度は私を蹴ったり叩いたり。小さい母の蹴りもパンチもまるで子供のようでまったく痛くもありませんでしたが、今まで一度でも私に怒ったこともないし、ましてや暴力などすることがない母がまるで何かに憑りつかれたように騒いでいるのです。なだめようとしても聞き入れてくれません。なにがおきているのかまったく理解ができませんでした。父は怒ることもなく、ただ収まるのを待っているだけでした。後で父に聞けば、1年ほど前から時々人が変わったように急に暴力的になるそうで、それでもしばらくすれば落ち着くらしいのです。それから母の様子をみるように毎週実家に顔をだすようにしました。原因はさっぱりわかりません。ただ、昔の楽しいことを思い出してくれれば元に戻ると思い、アルバムを出して一緒に見たり、一緒に外出したり、書いたこともない手紙を書いてみたりもしましたが、それでもやはり時々暴れるのが治りません。その凶変ぶりは本当に何かに憑りつかれているように見えました。神だの悪魔だの信用しないほうでしたが、この時ばかりは、本当に何か憑りついているのではと思い、お祓いにまでつれていきましたが、悪くなる一方です。このままでは、父が倒れてしまうのではと心配になりました。そして父に言いました。お母さんは何かおかしい、もう離れて暮らしたほうがいいと。少しやつれた父はすぐに同意してくれるかと思ったのですが、まったく違いました。急に涙を流し、お母さんと一緒にいたいんだと言いました。何も言えなくなりました。父の涙を初めてみたのですから。そして、私は父のことなど何も分かっていなかったことに気が付きました。もちろん、母のことすらです。父、母、二人にしかわからないきっといろいろなことがあったのだろう・・。母は本当に父に出て行ったもらいたいと思っているのだろうか・・。その後、父は倒れて入院しました。母はレビー小体型認知症の病気が判明しました。当時まだ認知症という言葉が一般的ではなかったころです。

5分前に過去は作られる

15年も会っていなかった知り合いと、飲みに行く機会がありました。昔話に花が咲くのですが、いかんせん、昔の話なので、記憶が曖昧です。話しを聞いていると、いままで一度も思い出したことが無い事も、ぼんやりと思い出したり。逆に、記憶とはまったく違う話が出たり、まったく覚えていなかったり・・。不思議な感覚になりました。はたして、過去とはなんなのだろうか。この人と、私の過去は本当に同じなのだろうか・・。以前、素粒子の世界で、未来が過去に影響を及ぼすという記事を思い出しました。今が未来に影響を及ぼすのは分かりやすい話です。未来が過去に影響を及ぼすとは・・・その記事を読んだときはまったく理解できませんでしたが、ひょっとすると、未来が作られるように、過去もつくられるということなのでは、と思いました。そこで、以前みかけたもう一つの記事です。世界五分前仮説です。これは、「世界は実は5分前に始まったのかもしれない」という仮説です。まったく理解できない話しですが、哲学における思考実験のひとつで、バートランド・ラッセルによって提唱されました。でも私たちには5分前の記憶があります。でもこの思考実験では、5分前に私たちが過去の記憶を持ったまま、世界が作られたとしたならば。という前提があります。もしそうだった場合、それを否定する事ができません。いかんせん、生きたきた証は記憶しかないのですから、周りの物と、記憶がセットで作成されたのならば、何が本当なのか調べる基準もなくなってしまいます。世界五分前仮説は究極のお話ですが、過去を証明することは不可能な事なのかもしれません。過去は変わらない・・。それは当たり前の事だと思っていますが、ひょっとすると、未来がたくさん枝分かれしているように、過去もたくさん枝分かれしていて、今この瞬間、過去も変わっているかもしれません。本当はもっと大変な過去があったかもしれませんし、もっと素敵な過去があったのかもしれません。今、この瞬間に過去が変わっているかも・・・。もちろん、それは誰も証明できないことですが・・。今、いいことを考えて、いい行いをすれば、過去も未来も良くなる。そう思いたいものです。