生きる。を考える日記」カテゴリーアーカイブ

水の事故で思い出す

ニュースで水の事故をみるといつも彼のことを思い出す。彼と出会ったのは大学に入学して最初の教室だった。席が名前順だったからたまたま私の隣に座っていた。人見知りだった私に最初に声をかけてくれたのも彼だった。一浪していた彼はとても落ち着いて穏やかで、何より経験豊かで面倒見がよかった。私がバイトをしたことがないことを知ると、彼が長くやっているバイトに誘ってくれた。バイトリーダーでシフトも自由に組める。大学でもバイトでも大抵は一緒に行動していた。遊ぶときもいつも声をかけてくれる。1年もすると彼の友達であるバイトの先輩と3人で遊ぶことが多くなった。その日もどこかに泳ぎに行こうかと誘われて、夜に彼たちと合流した。とりあえず遠い県に向かうことになったが、その場所は、今まで車で行ったことがない気が遠くなるくらいの距離だった。高速にのりしばらくすると私は眠りに落ちた。目的とした県についたのはもう朝だった。それからどこか泳げそうなとことはないかと探し、そのまま海に向かった。天気は曇りで少しだけ波が荒れている感じだったが、それでも、もう海には多くの人がいて、夏のにぎやかさがそこにはあった。しばらく泳いで遊んでいると先輩が沖のテトラポットに行こうかと言ってきた。テトラポットはそんなに距離はないし、何人も人がいて面白そうだった。先輩と彼について泳いでいくと、そこが深いことに気がついた。一緒についていきたいが、泳ぎは自信がない。ちょっとした距離だから泳げないことはないし、一人で戻っても面白くはない。少し迷ったが、戻ることにした。小さいときによく父が川や海に連れてってくれたがいつも浮き輪は離さないように言われていた。浮き輪がないことが少し不安だった。岸につくと、一人の若い女性が血相を変えて走ってきた。あそこで溺れてませんでしたか?そういってテトラポットの方を指さした。私の泳ぎが相当ひどかったんだと思い、恥ずかしく照れ笑いしながらいいえと答えると、また一目散にどこかに走っていった。彼女も勘違いして恥ずかしかったのだろうと思いながら海辺に座って彼らが戻ってくるのを待つことにした。なかなか戻ってこない。だいぶん楽しんでるのだろう。どれだけまっただろうか、先輩が走ってきて、あいつがいない、それだけ言ってまたどこかへ走っていった。はぐれたのだろう、下手に動くと私もはぐれてしまうと思い、またそこで待つことにした。しばらくすると、少し離れた場所で人混みができ始めた。誰かがおぼれたらしい。そんな声が聞こえるとようやく何が起きたのかを悟った。立ち上がり、そこへ向かおうとしたが途中で足が止まった。そこへ行ってどうするのか、何ができるのか、意味があるのか・・いや、何よりもそれを目にするのが怖かった。今でも時々思う。もし、あの時テトラポットに向かっていたら・・、もしあの時、後ろで彼が溺れていることに気が付いていたら・・。毎日ニュースで流れる事故、誰も自分ごととは思っていない。ましてや、明日生きていないなど考えることもない。でもたぶん、それは誰でもすぐ近くにあるに違いない。

彼女は死をえらんだ

ドキュメンタリー番組でした。とある女性は、まだ若く、しかし、筋肉が衰えていく病いで直す方法は無く、だんだんと自分では何もできなくなっていく。やがて、何度が自殺を試みるが、筋肉の衰えで、自殺も未遂に終わる。彼女には姉たちがいて、面倒をみてもらっている。歩く事はできないが、ゆっくりではあるがしゃべる事も、食べる事も、パソコンを打つ事もできる。テレビでみるかぎり、しっかり生きている。でも彼女はしっかりした意思で死を選択する。筋肉はやがて衰え、何もできなくなり、姉たちにありがとうも言えなくなる。そうしてまで生きていたいと思わないのだと。寝たきりになり、何もできなくなる前に、やらなければいけないことがある。自殺ではない、みずから選ぶ死。日本では消極的安楽死、つまり、延命処置の中断は認められているが、安楽死は求められていない。後数ヶ月もたてば、海外に行く体力もなくなることを知って、彼女が姉たちと向かったのはスイスだった。スイスでは、医師のほう助による安楽死が認められている。当然、いくつかのチェックがあり、誰もが安楽死を認められるわけではない。インタビューから、姉たちの苦悩が見受けられる。死んでほしくは無いが、生きる事が苦痛であることをしっているがための苦悩だ。きれいな病院らしき部屋で点滴の準備をしてベットに横になる。点滴のスイッチを自分で入れると数分で死に至る。やがて、彼女は点滴のスイッチいれる。姉たちに、いままでありがとうねと、しっかりした、それでいてゆっくりとした口調で話した後、まるで眠るようにして寝てしまった。番組では、同時に同じ病気になった別に人にもフォーカスをあてていた。生きることを選択した人だ。もはや、自分では何もできない、呼吸すらもできないため、人工呼吸器をつけた状態で、意志の疎通は、まぶたを動かすだけ。家族に連れられ、車椅子で桜をみにいく、そして涙するところで番組は終わった。点滴のスイッチをいれるとき、やめたいという気持ちはなかったのだろうか。死の選択はうつ病の薬で無くす事ができなかったのか。桜をみて涙したのは、嬉しかったからだろうか、悲しかったからだろうか・・・。

めでたいご臨終

母が入居しているグループホームに訪れたときの事です。グループホームとは、認知症の症状を持っていて、病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者が、専門スタッフの援助を受けながら共同生活する介護福祉施設です。母の部屋に入ると、施設の人がやってきて、ご家族の方に、無料で本を配布しているのでよかったら、と、本を渡してくれました。タイトルは「めでたいご臨終」。えっ。と思いました。母の認知症は進み、脳は萎縮して、会話もままならない状態で、数年前には、何時亡くなっても分かりませんと言われたくらいなのですから。人によっては縁起でもない。と思う人もいるかもしれませんが、あえて、この本をくれたのは、覚悟しておいてくださいという意味がこもっているのではないかと感じました。縁起とかではなく、もう現実として直視しなければならないことなのでしょうか。本の著者は在宅医療に携わった医師で、末期がんの患者に在宅医療で緩和ケアを行い、実際にしあわせな死を見てきた事が書いてありました。緩和ケアは、延命するための抗がん剤などは使わず、痛みや苦しみを和らげながら生活することを主にした医療です。本の中で、患者の容態が悪くなったときの注意事項で、救急車は呼ばないでくださいという記載がありました。救急車を呼ぶと最悪の事態が起きるというのです。それは、延命処置が施される事だというのです。常識的に考えて、延命処置をするのが当たり前で、それは望むべき事だと思うのですが、余命が無い患者にとって、延命処置はただ、苦しむだけの時間だと言うのです。でも確かにその通りなのかもしれません。なんとも複雑な気持ちです。